Exchange側でのImpersonation Userの設定方法

Written by OnTime on . Posted in 4.管理者

OnTime for MicrosoftをExchange OnlineやオンプレのExchangeに接続する際は、1人のユーザーアカウントが全ユーザーをImpersonation(日本語で演技や偽装)してスケジュールデータの入出力を行います。なのでOnTimeからEWSに接続するImpersonationユーザーアカウントにExchangeにデフォルトで実装されている“ApplicationImpersonation” ロールを付与する必要があります。ここではその手順をご案内します。

1.Exchange管理センターでEWS接続するユーザーアカウントを確認。

  1. 予めEWS接続専用のメールボックスユーザーを作成しておきます。この資料では”OnTimeAdmin”とします。

 

2.ユーザーと役割を紐付けます。

  1. 「アクセス許可/管理者の役割」に移動し、新規作成をクリック。
  2. 役割名を定義します。ここでは”OnTimeImpersonation”とします。書き込みスコープは適宜組織内でご判断下さい。通常、1組織でご利用の場合はデフォルトです。次に役割を選択します。
  3. リストから”ApplicationImpersonation”を選択して追加します。続けてOKをクリックします。
  4. 予め準備したユーザーもメンバーに追加して保存します。

3.OnTime管理センターに登録します。

  1. OnTime管理センターで「サーバー/サーバー設定」に移動して「同期設定」にロールを付与したユーザーを登録します。最後に保存します。

4.Tomcatサーバーを再起動します。

  1. 初期同期は時間が掛かることをご注意下さい。