OnTimeのライセンス発行に必要なドメイン情報はどのようにして確認出来ますか?

0.よく閲覧される記事, 4.管理者

追記)2020年8月19日、ワークグループのサーバーとして構築する際の確認方法を追記しました。

OnTimeのライセンスは試用版、製品版のどちらのアクティベーションキーにもOnTimeサーバーが稼働するWindowsサーバーのドメイン情報を必要とします。Active Directoryドメイン環境でご利用の場合、確認方法は該当サーバーでコマンドプロンプトを起動し”set“を実行して環境変数を参照してご確認いただけます。コマンド実行結果のなかのUSERDOMAIN行の値を登録してください。

OnTimeを導入するWindowsサーバーはActive Directoryのメンバーサーバーを推薦します。

  • あくまでもセキュリティの観点からADのメンバーサーバーとしての構成を推薦しています。
  • Exchangeとの同期は別途EWS接続の設定を行うので同じテナントである必要はありません。
  • Azure環境に新規で構築する場合はAzureAD DSをご利用いただけます。AWS等についても同等です。
  • WebSSOを利用する場合はそのADへの参加は必須です。
    ※WebSSOはWindows端末にユーザーがログインした情報をベースとしてSSOを実現するOnTime認証方式です。

どうしてもAD環境を準備できない場合はWORKGROUPサーバーとして構築することも可能です。

  • ワークグループ名は「WORKGROUP」「WORKGROUP01」の様な簡易な名称ではなく組織を特定できる命名をしてください。
  • セキュリティの観点からワークグループに所属するサーバーはOnTimeサーバーだけにしてください。

※ワークグループ環境でOnTimeをご利用になる場合は同じく該当サーバーでコマンドプロンプトを起動し”net config workstation“を実行して環境変数を参照してご確認いただけます。コマンド実行結果のなかのワークステーションドメイン行の値を登録してください。

関連記事一覧